超公務員というのは敏腕とかいう意味ではなく典型的公務員という意味だと思います(多分)

超公務員 守時健さん(34歳)のブログ

ブログ

白米と違法薬物の関連性の考察

〜事実などというものは存在しない。存在するのは解釈だけである。〜
ニーチェ

 

とんでもない事に気づいてしまいました。

今から私が書き記す文章は、この国
いや、もはや我々の存在のルーツ。
神話の世界に覆い隠された私たちの本来の姿の解明の
大きな手がかりになるでしょう。

 

先日伊勢神宮にいってきたんですよ伊勢神宮。

そんでそこの旅館での夕食が、伊勢海老とか松坂牛的なのとか

まあもの凄い豪華だった訳ですよ。

でもなんてかそのちょっと物足りないというか

まあ美味しいのは美味しいんですけど

その何かこう足りないんですね。何かが。

そんで途中でご飯と味噌汁でてきたんですけど

「ダイエットは人生」の格言で有名な私は

炭水化物抜きダイエットを

絶賛実施中でありまして

本来なら店員さんをよびつけて

「貴様ァ!!私が炭水化物抜きダイエットをしていると知っての

暴挙か!!

それともアレか!?笑っているのか!?

ダイエットという因果に縛られた私を惨めだと笑うのか!?

いいだろう・・・・・。ここから先は戦争だ!戦争だあああああ!」

と言いながら北斗百烈拳を店員に叩き込むのですが

実を言うと私は北斗百烈拳のやり方しらないし

そんな事で怒る人変だし

店員さんいい人だし

もっと言えば正直1ミリも腹立ってないし

「まあ今日はいいか。」

と2ヶ月ぶりくらいに食べたんですね。お米。

そしたらですよ。

スパークですよ。スパーク。

もう半分宇宙の真理が見えました。

・・・無茶苦茶旨いんですよこれが。

昔から別にお米なんて好きじゃないし

そう好き好んで食べてるわけじゃなかったので

炭水化物食べないダイエットとかマジな勢いで最適じゃん

と思ってやってたんですが

2ヶ月ぶりにお米食べると誇張でもなんでもなく

この世で一番美味しい

そう感じた訳です。

一粒一粒を噛みしめるたびに出る甘みで

脳が「大事なことは全部白米センパイに教えてもらいました!!」って

訴えかけてくる

そんな感じになった訳です。

しかし、しかしですよ。

さっき半分宇宙の真理を見た私です。

ただ目の前の快楽に溺れる程純朴でもありません。

ここで同時に凄い危機を感じたのです。

「いくらなんでもこれ程美味しいというのは、危険なのではないか?」

・・・そして、目の前の銀色に輝く白米を睨めつけながら

冷静に、そう冷静にこの恐ろしく旨い食べ物に潜む危険を分析したのです。

そしてその特徴を捉えたのです。

 

 

1 最初は少量で満足できるが、次第に量が増えていく

なんせこんなに美味しいわけです。このあと2杯ほどおかわりしました。

2 依存性がある

なんせこんなに美味しいわけです。毎日食べたくなります。

3 粗悪品なら安価で手に入る

こんなに美味しいのに、安いのであれば30kg5000円とかで買える。

4 あんまり摂取すると体に悪影響を及ぼす

茶碗一杯で242kcalです。太ります。

5 一度始めると、もうやめられなくなる

しばらく食べないと無性にお米が食べたくなります。

これは・・・・

そう・・・・

まさに・・・・!!!!!!

中学の頃読んだ「麻薬は恐ろしいよ!」的な冊子にでてくる

違法薬物の特徴にそっくりではないですか!!!!

もしこんな危険なものの存在を日本国民が知ってしまったら

日本人は皆、最初こそ美味しい美味しいと感動して米を食べていたのに

そのうち小量では満足できなくなり、恐ろしいことに、毎日米を食べるようになり

それでも足らず、朝昼夜の3食米を食べ

少し食べないでいるとお米を食べたくてイライラしてきて

お米を買えない事態なんかになると

お店を襲って米騒動になってしまったり

そんな恐ろしい社会になってしまう!!!!!

と、最初にお米を食べた人は思ったんじゃあないかなと

言う事を考えたので、この度久しぶりにブログを書きました。

お米たべながら。

 

  • この記事を書いた人

守時

大仏を被って記念写真をとることで生計を立てています。副業でニホンカワウソを模ったキャラクターを運営しています。

-ブログ

Copyright© 超公務員 守時健さん(34歳)のブログ , 2020 All Rights Reserved.